<   2013年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧

核さん(DISTURD)写真館


こんばんは
トミーです
梅雨入りですね

最近この二曲をふと口ずさんでしまいます

ガロ ロマンス



チューリップ 一人の部屋



沁みるぜ


さて

c0308247_23531059.jpg


備忘録は突然始まる


皆さんはご存知だろうか

LIFE安部さんブログにてNUCLEAR UDON NOW!カテゴリーの事実上の執筆担当を担い

そして現在はDISTURDのバッキバキドラマーの

核さんの存在を


実はワタシ、今回香川で初めて核さんとお会いしまして


それまでもちろんご高名は聞いていましたし

でもコミュニケーションを取り始めたのは

うどんチャットを始めて以降、ここ数ヶ月


2nd Degreeまっちゃんから顔写真付写メもらったりしたものの

他にはなんら情報のないまま

不安を胸に抱いていたのでした


さらに追い討ちをかけるかのような

高松行きの飛行機を待つワタシに

同行した安部さんのこの発言


『核ちゃんはね、うどん食う姿が絵になるんだよ。あれはとても真似できない』

『うどんがね、高いんだよ』



??


一体、どういうことなのだろうか


噂によればまったくの讃岐人である核さんのこと、そらうどん食う姿は堂にいっとるでしょうな


でもうどんが高いて何よ??


謎は深まるばかりであった


しかしその謎は核さんと合流してすぐ行ったうどん屋にてすべて明らかになったのだ


以降、決定的瞬間の激写の数々をご覧に入れることにする




c0308247_01298.jpg


c0308247_011059.jpg



c0308247_013662.jpg



c0308247_015829.jpg


c0308247_02939.jpg


c0308247_015829.jpg


c0308247_02939.jpg


c0308247_015829.jpg


c0308247_02939.jpg


c0308247_015829.jpg


c0308247_02939.jpg


c0308247_015829.jpg


c0308247_02939.jpg




なるほど


うどんが高い


ツヅック
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-30 21:00 | 讃岐うどん | Comments(2)

ダイナマイトツアー写真館


c0308247_1195921.jpg


今回ツアーでお世話になった香川国分寺の核さん宅にはドラムセットがあってね
流石

c0308247_1201274.jpg


せっかくなんで叩くふりしてもらいました

c0308247_122290.jpg


讃岐うどんに満ちた腹を癒そうと峰山公園に連れてきてくれました
こら夜になら絶景でしょうな

c0308247_1221687.jpg


しばし談笑

c0308247_1223153.jpg


ヒロツナくん隙だらけ
この腹の謎については後日触れることにしよう

c0308247_124924.jpg


トラキチ店主の居酒屋の後で
店主のレアTシャツもそれはそうとして
ヘラー5人全員とも、明らかに顔が塩太りでむくんでおります

c0308247_126092.jpg
c0308247_1261219.jpg


なかむらにて

c0308247_1262253.jpg


これが なかむらにある ヤマセ醤油 の一升瓶

c0308247_1263472.jpg


まえば の幻の子供が書いた『うどんができるまで』と『かぶと虫の一日』

c0308247_128371.jpg


途中で走っとったありえないほどグチャグチャな軽
ガラスももうないがね

c0308247_1295954.jpg


池上の名物るみばあちゃんと

c0308247_1303052.jpg


タイマーはどうも撮り慣れん笑

c0308247_131716.jpg
c0308247_1312189.jpg
c0308247_1313480.jpg



-------------------------------------------------

写真館はまだまだ続きます

それではこちらの貴重な激写3連発でお別れしましょう


c0308247_1324726.jpg


腹いてーなー、茂みの中でウ●コしてくるか・・・
(※手に持っているのは箱ティッシュ)

c0308247_133059.jpg


んー、いい場所ねーなー・・・
(※手に持っているのは箱ティッシュ)

c0308247_1331384.jpg


いててて・・・・
(※手に持っているのは箱ティッシュ)

※※この後無事公園内のトイレに行くも安部さんの目の前で小さい子が大の方に入っていくのを
見届けた際『この人はなんてウンがない人なんだろう・・・』とヘラー4人が思ったのは言うまでもない


ツヅック
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-25 01:38 | 讃岐うどん | Comments(0)

ダイナマイトツアー総括1


おいっす
トミーです

もうなんなんでしょう
香川から帰ってきてもう3日は経つってのに

まだあんまり社会復帰できてましぇん
心ここにあらずというか、まだあまり足に力入っとらんというか

昨日なんかは
まるで5人のヘラーで名残惜しむかのように

名店なかむらで使用している『ヤマセ醤油』の通販サイトを見つけてしまい

俺、安部さん、ヒロツナくんの三人が
1.8リットルペットボトルを購入してしまいました笑


c0308247_3403222.gif

c0308247_3404947.gif


どう使い切るんだよ、これ・・・



そしてワタシ、うどんヘルにて
三日間で5キロ体重増加しましたんで

こらいかんと昨日メニューのランニングをこなし、
帰ってきて腹筋をやろうと腹筋ローラーを取り出し始めたところ

体は予想以上に疲れとったんでしょうな、食い疲れやらなんやらで

いきなりローラー逆に回してしまい、口からドン!と地面に落ちてしまいました

おかげで上唇が腫れてしまい、ちょっと口がかりあげクンみたいになっとります

c0308247_3293686.png


そんな

ただひたすら供される讃岐うどんを喰らい、夜は思うまま酒を飲み語り笑い合い
眠くなったらただ眠ればよかった日々

美味い讃岐うどんを五人でニヤニヤしながら貪った日々

またいつの日か、そんな日が来ることを信じて
生きていこう


今回のうどんヘルで間違いなく言えることは


●なかむら兄弟の別次元の出色の讃岐うどんの出来栄えに驚愕!!


●どうした三嶋製麺!!

●谷川米穀店の女流滑らか清らか麺にもうコテンパン!!



●谷川米穀店、当面土曜日もお休みです!!!!!

※これが一番言いたい
遠方からくる人も多い店だけど、結構前の店のおばちゃんブログでちらっと『当分土曜日も~』と書いてあっただけだもんね あれではとても今も土曜休みとは思えないよ


とにかく今回の第一回うどんヘルツアー、マジで大成功でした
きっかけを作ってくれた安部さん、本当にありがとうございました

そして第二回に向けて
求む、参加者 笑


まだ乗っけれてない写真が結構あるので
それをいくつかまとめて掲載していきます

ほんでは
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-24 03:41 | 讃岐うどん | Comments(0)

Sanuki-udon United presents『DYNAMITE TOUR 2013』42

c0308247_15393548.jpg

c0308247_15393526.jpg



六軒目
讃岐の里
かけ小

ごく普通の一般店なんですが
ワタシの初めてのうどん巡りの際数店目に行き衝撃を受けたこのお店

コブが効いてすぐ後ろにカツオ、バックにいりこがしっかり効いたダシ
軟らかめで中にはしっかりコシを残した麺が汁をうまく絡めてくれて
ほどよく口に入ってくれるんです

とりたてた特徴はないんですけど
バランスが絶妙というか
自分とこの味、よー知っとんなーと

そう思えてならんのです


今回のうどんヘルはここでおしまい
最後に女性ヘラーは各店合計六玉を完食
すごいです、見事うどんヘラー仲間入りしました笑


後は総集編でまとめるとします
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-20 15:39 | 讃岐うどん | Comments(0)

Sanuki-udon United presents『DYNAMITE TOUR 2013』41

c0308247_15265868.jpg

c0308247_15265815.jpg



五軒目
山越
釜卵小

ご存じ山越、ワタシの釜卵デビュー店です

まあ色々言われることもあるお店かもしれませんが、僕にとっては昔から必ず立ち寄るお店、松葉杖で行った時には(行くなよ笑)席まで運んでくれたりと

中太麺はほどほどにコシを残し
そこに絡まる半熟状の卵

なかむら始め色々なお店のおいしい釜卵ありますが、

僕にとってはやはり山越が釜卵の基本形なんです

角田さんはかけそのままをいっとりました
これもコブがきいたダシがなかなかうまいんです
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-20 15:26 | 讃岐うどん | Comments(0)

Sanuki-udon United presents『DYNAMITE TOUR 2013』40

c0308247_14513930.jpg

c0308247_14514041.jpg

c0308247_14514043.jpg



四軒目
三嶋製麺
あつい小+卵

こちらも一昨日のリベンジというか

あまりの平打ちっぷりに『きしめんか?』と我々を驚愕させた三嶋

打ち手が変わったのか
事実を確認すべく再訪しました

結論
打ち手が変わりました笑
今日もなかなかの平打ち具合です

茹で加減は…
結構中の方までやんわり、芯のへんが急に固いというか


すいませんがはっきり言いますわ


どうした、三嶋
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-20 14:51 | 讃岐うどん | Comments(0)

Sanuki-udon United presents『DYNAMITE TOUR 2013』39

c0308247_1415088.jpg

c0308247_1415097.jpg

c0308247_1415043.jpg



三軒目
谷川米穀店
あつい小
冷たい小
あつい小
冷たい小


もうなんでしょう
快感、恍惚とはこの事でしょうな
なんぼでも入る

ご存知山あいの名店
一昨日臨時休業でヘラーを打ちのめした米屋さんです
あのなまめかしくも優しい女性的な麺は健在でした

そしてそして
添え物の青唐辛子の佃煮

やはりワタシ作とは似て非なりますな笑
ちょっとおばちゃんと話したりして
使う醤油が違うでコクが全然違う、辛いだけじゃない
お酢をかけたり、ゆずすこをかけたりズルズル
気が付いたら四杯完食です
んで最後に水を一息に
これが最高にうまい水で
そりゃうまいうどんできるわな、と思い知らされました
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-20 14:15 | 讃岐うどん | Comments(0)

Sanuki-udon United presents『DYNAMITE TOUR 2013』38

c0308247_1045427.jpg

c0308247_10454285.jpg

c0308247_10454218.jpg

c0308247_10454219.jpg



二軒目
道久製麺所
二玉(釜卵、しょうゆ)

完全な玉売りのみの店
食べるには器やら持っていかないけません

だもんで宮川近くのマルナカで器、箸、しょうゆ、卵を購入

行ったら今から茹でてくれる言うもんでそそくさと準備

ほどなく茹で上がり器にとってもらったそれに卵を混ぜてダシ醤油をぐるっと

この道久、前にワタシ行った時は神の領域に感じ

角田さんは製麺卸であるが故の芯が残るほどの硬さを感じ

それを確認したくて

結論
硬さは否定できんです笑

ただ、麺の風味、清水を使ったであろう濁りのなさ、これは最高レベルだと思いますな
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-20 10:45 | 讃岐うどん | Comments(0)

Sanuki-udon United presents『DYNAMITE TOUR 2013』37

c0308247_9463786.jpg

c0308247_9463783.jpg


張り切って行きましょう

一軒目
宮川製麺所
かけ小

おばちゃんに会いに行ってきました

朝一に行くのは始めてだったんですが
あのひりつくイリコダシの角がさほどなくすっきり飲めました
時間が経つにつれ煮詰まってあのひりつき感が生まれるんすね
角田さんはこんくらいがちょうどよいとのこと、ワタシはこれくらいが朝うどんにはさっぱりして最適、煮詰まったダシもまーうまい、といった所でしょうか

ごちそうさまでした
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-20 09:46 | 讃岐うどん | Comments(0)

Sanuki-udon United presents『DYNAMITE TOUR 2013』36

c0308247_8331299.jpg



何の為にうどんを食うかだって?
そうだ
自分の為だ

と言い聞かせながら
今日もうどんを食うのさ


おはようございます
トミーです


さあ
弔い合戦です

昨日果たせなかった
仲間たちの無念を
晴らすのさ


でも二人だけではなんなので

今日は
女性ヘラー二人が参戦です
角田さん宅に到着するやいなや
じゃかりこを貪り食うミワ隊員

所持金14円で参戦したユカコ隊員


最高です

●角田語録
このじゃがりこゾンビがっ(吐き捨てるように)
[PR]
by writingonthewall | 2013-05-20 08:33 | 讃岐うどん | Comments(0)